写真:(C)矢野紀行

 

敷地は長崎県西海市の山中を通る国道沿いの三百坪ほどの土地で、
周囲は竹林や山の緑に囲まれ、大空の広がりを感じる自然豊かな場所であった。

建主は、大らかに暮らしていく場所としてこの土地を選び設計を依頼された。

「大らかに暮らす」という思いを受け継ぎ、
土地の広がりの中に「在りのまま」暮らす家族の姿を思い浮かべることから設計を始めた。

大きな土地に暮らす家族。
大空の下、豊かな緑に囲まれている。
土地にはたくさんの草木が生えている。陽は照り、雨も降る。

大きな「傘」をさした。皆を包み込む「傘」。
「傘」をさすと強い日差しや雨をしのぐことができたが、周囲の風景が見えにくくなってしまった。
求心的な形。内向的形式。これでは土地の広がりを「在りのまま」に感じ取れなくなってしまう。
「傘」を逆さにしてみる。すると、視界は広けて外に投げ出されて、再び周りの景色に囲まれる。
雨が溜まってしまったので、真ん中には穴を開け招き入れることにした。

土地の周囲をよく見ると、少し離れたところにポツリポツリと家が建っている。
明け透けに見られてしまうので、目隠しとなる壁を建ててその壁を使って逆さの傘を支えることにした。
傘は構造としても安定しているから中に柱がいらない。この壁だけで支えることができる。
傘の中は広げたままである。

 ただ、壁の配置を工夫して「風車(かざぐるま)」状に建てることにした。
すると、「風車」が風を受けて回り始めるのと同じように、歩くと周囲の竹林や山の緑、
大空といった自然の風景が建物の中へと飛び込んでくる。外部が建物を通り抜けていくような感覚さえある。
さらに歩くと、斜めの屋根によって「ポンッ」と投げ出されて外の風景に包まれる。
大きな開口の傍に座れば、大空の下で大地に座わる心地になる。

中央の切り落とした部分には雨が入るので、中庭にして木を植えた。
傘の下は大きなひとつの場所でありながらも、樹木と雨がなんとなく場所を分けてくれている。

住人は、その時々の気分に合わせて場所を探す。
中庭の回りに座れば、穴からは空が見える。
朝日は木漏れ日となってテーブルに落ちている。
夜には、大窓に月が現れて畳に寝転び月見をする。

壁に背をもたれて本を読む。
雨が中庭に降りていたりする。

 

□概要

竣   工:2008.07
場   所:長崎県西海市
敷地面積:1210u
建築面積:114.72u
述床面積:114.72u

構   造:鉄骨造 平屋

 

 
(C)Copyright Sequence Studio All Rights Reserved